弁護士が解決

パソコンを起動させる

認められるケース

離婚をしたいけれど相手が納得してくれないので離婚が出来ないケースでは、弁護士に依頼をすることで話し合いや調停をスムーズに進めることができます。 例えば、浮気などの不貞行為があった場合、正当な理由がないのに同居を拒んだり、生活を保証してくれない場合、3年以上もの間生死が分からない場合、相手が重い精神病で回復が期待できない場合などには、調停や裁判をして離婚ができる可能性があります。また、これらの理由に該当しなくても、離婚が成立できる可能性はあります。 弁護士に依頼した場合の料金の相場は、約60万円程掛かるとされています。高額な料金を支払うことになるので、信頼できる弁護士を探して依頼することが大切です。

まず無料相談を

実際に弁護士に依頼したい場合、まずは無料相談に行くことが一般的です。ほとんどの弁護士事務所が、直接会ってからの無料相談を受け付けています。その時には、事前に予約が必要な場合が多いので、電話などで予約をしてから弁護士事務所にいきましょう。無料相談後に実際に依頼をするのかを決めることになるので、いくつかの弁護士事務所に無料相談に行くのも良いでしょう。 実際に離婚調停に入ると、多くの場合はおおよそ3回以内で調停は終わるとされています。